自分のエログ記事のエロタレURLを集めるプラグイン

2021年3月31日

※このプラグインは販売停止中です。

目次

自分のエログ記事のエロタレストURLを収集して表示させる「エロタレURLコレクター」プラグイン

「自分のエログのエロタレURL集めて、どうすんの!?」

はい、ごもっともな疑問でございます。

ちょいと解説します。

この解説を読み終わると

「あれ?なんでオレ、エロタレURL集めないんだろ!?」

ってなりますよ、たぶん。

自エログのエロタレURLを集める理由

エロタレの順位上げ、ランクアップには、

エロタレにユーザーを送るのが大事じゃないですか。

それはつまり、

・自エログを離脱

・エロタレにユーザーがイッちゃう

ということですよね?

エロタレにユーザーを送るためには仕方ないっちゃ仕方ないんですが、

やっぱり、自エログのPV上げたいですよね?

そいで、自エログの動画リンク踏んでほしいじゃないですか?

さらに、広告もクリックしてほしいじゃないですか??

で、ですよ

もし、ですよ?

エロタレに送ったユーザーが再び自エログに戻ってきたら、

うれしくないですか??

うれしいですよね?

まぁ、エロタレの自エログの記事一覧に戻す手もあります。

その手も使った方がいいです。

でもね、

自エログにあるエロタレ動画ページへのリンクをクリックする、ということは、

その画像の動画が気になる、ってことじゃないですか。

その動画が自エログの動画記事だったら、どうでしょう?

自エログ ⇒ エロタレ(の自エログ動画ページ) ⇒ 自エログ

ほら、「うほっ❤」ってなりません?

以上、解説おわり!

商品説明

商品名:「エロタレURLコレクター」
金 額:11,000円(税込)
機 能:自エログ記事のエロタレストURLを収集、表示。
支払方法:PayPal

※以下の2つのプラグインをダウンロード、ご利用いただけます。

「エロタレURLコレクター」:エロタレURLを収集する
「エロタレURLコレクター(キーワード表示)」:収集したエロタレURLデータを表示する
「エロタレURLコレクター(人気動画狙い)」:収集したエロタレURLデータを表示する

『エロタレURLコレクター』の特徴

(1)エロタレAPIを使って、自エログの記事のエロタレURLを収集します。

※そのため、過去4カ月分の記事がエロタレURL収集の対象となります。それより古いやつは無理です。

(2)それをDB保存、および、各記事のカスタムフィールドに保存します。

(3)エロタレURLの収集処理は1時間に1回もしくは1日に1回稼働します。(サーバーcronは不要です。)

(4)現時点では以下の動画URLの記事のエロタレURLを収集できます。

「pornhub」「youporn」「redtube」「tube8」「share-videos」「xvideos」「extremetube」

『エロタレURLコレクター(キーワード表示)』の特徴

(1)『エロタレURLコレクター』で収集した情報(DB)を元に、エロタレURLリンクを表示させます。

(2)表示させたい場所にショートコードを設置します。(本文、もしくは、テキストウィジェットで使えます)

(3)ショートコードでは、「キーワード」「表示個数」「横並びの個数」を指定できます。

(4)ショートコードは複数個設置できます。

(5)見た目はエロタレのブログパーツ(最初の感じ)に似せています。

(6)枠色、背景色、テキスト色をプラグイン設定ページから指定できます。

(7)CSSのclassを付けてますので、CSSできる方は自由に装飾できます。

『エロタレURLコレクター(人気動画狙い)』の特徴

(1)『エロタレURLコレクター』で収集した情報(DB)を元に、エロタレURLリンクを表示させます。

(2)表示させるエロタレURLリンクは1つだけです。設定ページでPostIDを指定します。

(3)表示させたい場所にショートコードを設置します。(本文、もしくは、テキストウィジェットで使えます)

(4)ショートコードでは、「表示内容の指定(テキストのみ、画像のみ、両方)」「表示させるテキスト文」を指定できます。

(5)ショートコードは複数個設置できます。

(6)見た目はエロタレのブログパーツ(最初の感じ)に似せています。

(7)枠色、背景色、テキスト色、テキストホバー色をプラグイン設定ページから指定できます。

(8)CSSのclassを付けてますので、CSSできる方は自由に装飾できます。

(9)人気動画狙いとして指定した記事のエロタレURL収集を午前0時頃~午前2時まで5分毎に自動でチェックします。

『エロタレURLコレクター』の使い方

インストール方法:手動でインストールしてください。

プラグインを有効化すると、設定メニューに「エロタレURLコレクター」というメニューが登場します。

設定画面はこんな感じ↓です。(インスト&有効化直後)

設定項目について解説いたします。

エロタレストAPIキー

エロタレストのAPIキーを入力してください。

APIキーは、エロタレスト管理画面の「サイト情報」タブに表示されています。

※APIを使う場合、エロタレスト管理画面にてIPアドレス登録をする必要があります。

※IPアドレス登録をしたことがない方はまずIPアドレス登録をしてください。

やり方はこちらをご覧ください

URLの場所

動画URL(PornhubとかのURL)を書いてる場所を指定してください。

※普通に記事を書いてる場合は「本文」です。

カスタムフィールド名

「URLの場所」で「カスタムフィールド」を選択した場合、カスタムフィールド名を入力してください。

収集頻度

エロタレAPIにアクセスして、エロタレURLを収集する頻度を設定できます。

夜間はAPIへのアクセス制限が少し厳しくなるため「APIへアクセスし過ぎです」のようなメッセージが出た場合、

「1日に1回」にしてみてください。

cron開始

※エロタレAPIのIP登録した直後は「OFF」にしておいてください。

「ON」を選択して「変更を保存」すると、初回は1分後にURL収集処理が稼働します。

その後、「収集頻度」欄で指定した間隔(1時間毎もしくは1日1回)でURL収集処理が稼働します。

プラグイン削除時に設定を残すか

プラグインのアップデートの際などに、

・設定ページの設定
・本プラグイン用のDBなど

を削除するかどうかを選択できます。

設定ができたら、変更を保存してください。

エロタレURLが正常に収集できているかの確認

ログエリアに以下のような表示が出てきたら、無事エロタレURLが収集できてるということになります。

IPアドレス登録方法

エロタレストAPIを利用するには、エロタレストのブログ管理者管理ページで送信元IPアドレスを登録しておく必要があります。

「エロタレURLコレクター」プラグインを利用する場合、送信元IPアドレスはWordpressが動いているレンタルサーバーのIPアドレスになりますので、レンタルサーバーIPアドレスを登録してください。

レンタルサーバーのIPアドレスは、「エロタレURLコレクター」プラグインの設定ページにある「APIアクセス送信元IPアドレス」欄の「このサーバーのIPアドレス:」の右側に表示されています。

これがお使いのレンタルサーバーのIPアドレスですので、このIPアドレスをエロタレストのブログ管理者管理ページで送信元IPアドレスとして登録してください。

IPアドレスを登録する場所は、エロタレストのブログ管理者管理ページの「サイト情報」タブにある「APIへのアクセス元」欄にあります。

IP登録後、エロタレスト内で許可設定が反映されるまで最長3時間程度かかるようです。

『エロタレURLコレクター(キーワード表示)』の使い方

インストール方法:手動でインストールしてください。

プラグインを有効化すると、設定メニューに「エロタレURLコレクター(キーワード表示)」というメニューが登場します。

設定画面はこんな感じ↓です。(インスト&有効化直後)

設定項目について解説いたします。

枠線の色

表示されるリンクの枠線の色を指定できます。

最初の設定は以下の色です。

16進数:#0000cc
RGB:0 0 204

タイトルの背景色

表示されるリンクの背景色を指定できます。

最初の設定は以下の色です。

16進数:#ffffff
RGB:255 255 255

タイトルの文字色

タイトル文字の色(リンク色)を指定できます。

最初の設定は以下の色です。

16進数:#0000cc
RGB:0 0 204

プラグイン削除時に設定を残すか

プラグインのアップデートの際などに、

・設定ページの設定
・本プラグイン用のDBなど

を削除するかどうかを選択できます。

設定ができたら、変更を保存してください。

ショートコードの使い方(『エロタレURLコレクター(キーワード表示)』)

ショートコードは、「ショートコード:」の右側に表示されています。

このショートコードを、記事本文、ウィジェット(テキストウィジェット)に記入してください。

キーワードの指定

ショートコードの中に、「kw=」と書いて、その右側に「キーワード」を書いてください。

「kw=」の左側は、半角スペース(半角ブランク、半角空白)を入れてください。

キーワードを複数指定したい場合は、キーワードを半角のカンマ「,」で区切ってください。

記入例:[shortcode kw=熟女,ヘンリー塚本]

キーワードに以下の文字を指定すると、記事のカテゴリー、タグを自動でキーワードにセットします。

kw=cate:記事のカテゴリーを1つキーワードにセットします。カテゴリーが複数ある記事の場合はランダムで1つが選ばれます。

kw=tag:記事のタグーを1つキーワードにセットします。タグが複数ある記事の場合はランダムで1つが選ばれます。

表示個数

ショートコードの中に、「total=」と書いて、その右側に「半角数字」を書いてください。
指定なしだと1個です。

「total=」の左側は、半角スペース(半角ブランク、半角空白)を入れてください。

記入例:[shortcode total=3]

横並びの個数

ショートコードの中に、「col=」と書いて、その右側に「半角数字」を書いてください。
指定なしだと1個です。

「col=」の左側は、半角スペース(半角ブランク、半角空白)を入れてください。

記入例:[shortcode total=6 col=3]

『エロタレURLコレクター(人気動画狙い)』の使い方

インストール方法:手動でインストールしてください。

プラグインを有効化すると、設定メニューに「エロタレURLコレクター(人気動画狙い)」というメニューが登場します。

設定画面はこんな感じ↓です。(インスト&有効化直後)

設定項目について解説いたします。

表示したい記事のpostid

表示させたい記事の投稿ID(数字)を指定します。

下書き状態の記事も、編集ページのURLを見ると投稿IDが分かります。(下書き保存する必要あり)

例えば、下書き編集ページのURLが以下のような文字だった場合、

https://erontena.com/wp-admin/post.php?post=38330&action=edit

投稿IDは「38330」です。

この数字を入力してください。

枠線の色

表示されるリンクの枠線の色を指定できます。

最初の設定は以下の色です。

16進数:#0000cc
RGB:0 0 204

タイトルの背景色

表示されるリンクの背景色を指定できます。

最初の設定は以下の色です。

16進数:#ffffff
RGB:255 255 255

タイトルの文字色

タイトル文字の色(リンク色)を指定できます。

最初の設定は以下の色です。

16進数:#0000cc
RGB:0 0 204

マウスオーバー時の文字色

タイトル文字にマウスをあてた時の色を指定できます。

最初の設定は以下の色です。

16進数:#c2002a
RGB:194 0 42

人気動画狙い記事のエロタレURL収集方法

「表示したい記事のpostid」欄で指定した記事が公開されて、エロタレに収集されたタイミングで、

「エロタレURLを収集する」必要がありますが、

その「エロタレURL収集作業」を「手動で実行するか」「自動で実行するか」を選択します。

◆「手動収集にする」にする場合

人気動画狙いの記事が公開され、エロタレに収集されたのを目で見て確認した上で、

「エロタレURLコレクター」プラグイン設定ページにある「cron開始」欄で「ON」を選択して「変更を保存」する必要があります。(この場合、1分後にエロタレURLが収集されます。)

◆「自動収集にする(午前0時~午前2時まで5分毎に収集チェックします。) 」にする場合

午前0時5分から5分毎に、「エロタレURL収集処理」が自動で実行されます。

★なぜこんな設定があるのか?★

人気動画狙いの記事は、普通、夜の0時台に記事公開すると思います。

で、エロタレに収集されてエロタレページ(エロタレURL)ができます。

つまり、

人気動画狙い記事を書いて予約投稿してる時点では

その記事の「エロタレURLは無い」です。(当たり前ですが)

このプラグイン「エロタレURLコレクター(人気動画狙い)」は、エロタレURLを使いますよね。

なので、人気動画狙い記事が公開されてエロタレに収集された後に、

エロタレURLを収集する必要があるのです。

「エロタレURL収集プラグイン側で自動で収集するんじゃなかったっけ?」

その通りなのですが、そのプラグインだと1時間に1回、もしくは1日に1回、です。

これだと、タイミングが悪いとなかなかエロタレURLが収集できませんよね。

例えば、0時5分にエロタレに収集されたとして、

もし、1時間に1回の処理が0時3分に動いてたとすると、

その記事のエロタレURLが収集されるのは1時3分になっちゃいます。

1時間くらいのブランクが空くわけです。

せっかく人気動画を狙うには、ちょっとイタイ空き時間ですよね。

それを解決するためには、記事公開後、できるだけ早く「エロタレURL収集」する必要があります。

一番確実なのは、

人気動画狙い記事が公開されてエロタレに収集される時間(夜の0時とか1時とか?)に起きていて、

エロタレに載ったのを確認して、

「エロタレURLコレクター」プラグイン設定ページにある「cron開始」欄で「ON」を選択して「変更を保存」することです。

この場合、1分後にエロタレURLが収集されます。

このやり方をする場合は「手動収集にする」を選んでください。

でも、毎日それができるかというと、ちょっとキツイですよね。

なので、「自動収集にする」を作りました。

プラグイン削除時に設定を残すか

プラグインのアップデートの際などに、

・設定ページの設定

を削除するかどうかを選択できます。

設定ができたら、変更を保存してください。

ショートコードの使い方(『エロタレURLコレクター(人気動画狙い)』)

ショートコードは、「ショートコード:」の右側に表示されています。

このショートコードを、記事本文、ウィジェット(テキストウィジェット)に記入してください。

表示する内容の指定

ショートコードの中に、「s=」と書いて、その右側に表示したい設定を書いてください。

s=txt:テキストリンクのみを表示します。

s=img:画像リンクのみを表示します。

s=both:画像とテキストの両方を表示します。

何も書かない場合、画像とテキストの両方を表示します。

記入例:[ninki_disp s=txt]

テキストリンクの文字指定

ショートコードの中に、「t=」と書いて、その右側にテキストリンクとして表示したい文字を書いてください。

テキストリンクは記事タイトルが表示されますが、タイトルとは違う文字を表示させたい場合に使ってください。

例えば、画像無し、テキストリンクのみ、で「動画が見れない場合はこちら」とする場合、以下のように記述してください。

[ninki_disp s=txt t=動画が見れない場合はこちら]

動作環境

・WordPressプラグインなのでWordPress必須。
・WordPress version5.4.2で動作確認済み。

注意事項

商品の性質上、一度購入いただいたら返金はできませんのでご承知おきください。

プラグインの二次配布はお控えください。

購入の流れ

(0)PayPal支払い完了後、「ショッピングサイトに戻る」をクリックしてください。

(1)『エロタレURLコレクター』のダウンロードページへのリンクとログインパスワードが表示されます。

(2)ログインパスワードはコピペして保存しておいてください。

(3)リンクをクリックしてダウンロードページに移動し、パスワードを入力します。

(4)ダウンロードページには、プラグインダウンロードリンクがあります。

(5)プラグインファイルをダウンロード保存してください。

よくあるご質問

【Q】プラグインに関する質問があるのですが?

【A】お問い合わせページからご質問ください。

お問い合せページはこちらをクリックしてください。

【Q】パスワードを忘れてしまいました。

【A】お問い合わせページからご連絡ください。

その際、以下の内容をご記入ください。

・PayPalでご利用のメールアドレス
・取引ID
・購入日時
・商品番号

「取引ID」「購入日時」「商品番号」は、お支払い完了時にPayPalから自動で返信されるメールに記載されています。

ご連絡いただいた内容を確認の上、メールにてご連絡いたします。

【Q】ダウンロードページURLが分からなくなったのですが?

【A】こちらからページに行けます

【Q】プラグインの設置、設定方法がわからないのですが?

【A】設定項目等についてご不明な場合はお問い合せページからご質問ください。
お問い合せページはこちらをクリックしてください。

【Q】複数のサイトで使いたいのですが?

【A】購入者ご本人様の運営されるサイトに限り、お使いいただけます。

ご友人等で共有するのはお控えください。

【Q】PayPal以外の支払い方法はありませんか?

【A】現在、PayPalのみとなっております。

免責事項

本プラグインを使用した事による、いかなる損害についても作者は一切の責任を負いません。

更新履歴「エロタレURLコレクター」

ver1.0.7 2020年6月16日 プラグイン公開

更新履歴「エロタレURLコレクター(キーワード表示)」

ver1.0.4 2020年6月16日 プラグイン公開